リニューアル工事が始まりました

本日より、当クリニックのリニューアル工事第1弾が始まりました。

近隣の皆様にはご迷惑をおかけしないよう細心の注意を払っておりますが、お気づきの点がございましたら遠慮なくお申し出ください。

これまで1F部分のみの利用でしたが、2Fをワンフロア・フルリノベーションに入っています。予定では年内に2Fの工事は終了し拡張される予定です。

1Fも、外観も手を加える予定となっております。

全体の工事を3月いっぱいに終了できればと考えています。

進捗に関しましては、HP上でもご報告させていただきます。

If the gut works, use it. 腸が使えるなら使え

リンク
http://www.peg.or.jp/lecture/enteral_nutrition/06.html

静脈栄養は、様々な点で経腸栄養にかないません。
救急車で病院に運ばれると、経口摂取ができない状態で腸を使うべきと判断されると、「救命にベストを尽くす」場合、早期経腸栄養が開始されます。

医学医療的観点では、さっさと経鼻胃管いれて栄養を開始するのが正しい。

逆をいえば、救急車を頼むと、人生の最終段階であっても経鼻経管栄養が開始されてしまうことは往々にあります。
3Wから1か月ぐらい、経口摂取に戻れない状態が続けば、栄養を入れ続けることが必要と考えてしまうと胃瘻造設となります。

意図しない形で人生の最終段階に経腸栄養を開始されてしまうことが悲劇と考える方は、24時間対応の在宅療養支援診療所で定期診療を受け、緊急事態にも救急車を呼ぶべきかを相談する体制を敷くことをおすすめします。

胃瘻適応者への長期間の経鼻胃管は「虐待」だ

日経メディカルAナーシング 会田氏の主張より
以下のリンクをご参照ください。

https://www.kango-roo.com/sn/a/view/5702

 

専門家以外でも上記の表のように“ざっくり”理解して、長期の経鼻胃管の方がいらっしゃったら、“あれっ”と思ってください。
もちろん胃の手術後などで、胃瘻が作れない方もいらっしゃいますが、胃瘻などのほかの方法を検討せず漫然と経鼻で続いているかたは再考をお願いします。

当院への訪問診療のオファーがあった際も、胃瘻の検討をせず漫然と経鼻経管栄養が続いている方は“その理由をはっきりさせない限り”訪問をお断りしています。
もちろん、上記のやむを得ない理由に該当する場合は、お引き受けする場合もありますので、ご相談いただければと思います。

「胃瘻にするか」は問題ではなく、「栄養法をどうするか」が大事です。

皆さんもやってみませんか♪

最近、パックの豆乳を凍らせてアイスにして食べるというのが流行っているようです。今朝の情報番組でも取り上げられていました。

そこで、当院でもさっそくやってみました♪使ったのは高カロリーのクリミール(たったの125mlで200kcalが摂れるすぐれもの)。アイスの棒は舌圧子です(丁度いいモノ見つけました☆)

パック上部に切り込みを入れて舌圧子を入れ凍らせます。

今回はコーヒー味で試して皆で食べてみました!

甘さ控えめで美味しいではないですかっ!!

個人差はありますが、そのまま1パックは全部飲めないという方もいらっしゃいましたが、これなら、一本すぐに食べられそうです。

もしかしたら、嚥下のしづらい方や食欲のわかない方にも受入られるかも・・・と思いました。

クリミールは味も色々あります。りんご、バナナ、くり、ミルクティ‥他

まだまだ暑い日が続きそうです。しっかりカロリーを摂りたい方、少し気になった方はぜひやってみて下さい。

*凍った状態で紙パックをはがすのに少し手間がかかります。製氷機でキューブ型にすると食べやすくなりそうですね。

 

 

現在の受入状況

H30年8月28日現在の受入状況

週1回以上の訪問が必要な方 3名程度

月2回程度の訪問の方 8名程度

の受け入れが可能です。

当院より片道3km以内の方であれは、おおむね1週間以内での急な訪問診療導入も可能です。

現在かかりつけの主治医からの紹介状は可能な限りご用意ください。

相談員による事前相談も受け付けています。

(相談のみ初回は無料・医師の訪問を伴う場合は保険診療とさせていただきます。)

 

当院パンフレット

 

エリア図

図のような当院を中心とした半径4kmを主な対象としています(多摩川より南のエリアは除く)。
その周辺でも対応できる場合がありますので、お問い合わせください。

診療実績

当院のこれまでの実績となります。 2018年6月末まで

期間 訪問患者数 在宅看取り数 緊急往診 訪問診療 往診含 訪問看護 合計
2014.11-2015.06 55名 15名 19回 360回 0回 360回
2015.07-2016.06 100名 29名 70回 1264回 42回 1306回
2016.07-2017.06 99名 22名 66回 1283回 6回 1289回
2017.07-2018.06 100名 30名 59回 1326回 23回 1349回
全期間 233名 96名 214回 4233回 71回 4304回

全診療に対する往診または訪問診療の割合  59.74%
施設診療の割合  11.11%
重症者(難病・要介護3以上など)の割合  80.00%
(2018年6月実績に基づく)

在宅緩和ケア年間実績 (2017.7~2018.6)
オピオイド系鎮痛薬の投与(経口・経皮・注射の合計)  19件
オピオイド系鎮痛薬の注射による自己疼痛コントロール(PCA) 8件