レントゲンのご案内

鮮やかな雲の柄の壁紙がレントゲン室に貼られています

この度、外来診療リニューアルオープンに際し、レントゲン設備を導入しています。

訪問診療にも対応できるポータブル機ですが、DR(昔のフィルムに相当)の感度が上がったので、ポータブル機の低線量でもくっきりとした画像が得られるようになっています。DRの取り扱いも、ふだんレントゲンを撮らない医師が操作してもほとんど問題なく撮れるので優秀です。

リチウムイオン充電池で約200回分の充電が可能

ポータブル機は持ち運びができるほかに、1.低線量低被ばく、2.家庭用100V電源でよく、専用の配電盤が不要、3.機械が安い、4.立ち上げ1分と待ち時間がほとんどない、というメリットがありました。病院のように1日何枚も撮影するわけではなく、部屋に固定された大型の機器は不要と考えています。

近隣にご迷惑がかからないように、レントゲン室の放射線遮蔽はきちんと行い保健所に届けております。実際の測定でも全く漏れていませんでした(当たり前ですが…)。

しかし、スタンド・X線・DRとすべて持っていくと総重量20kgオーバーです。職員が複数いる日でないと簡単には持ち歩けません。

 

これで、在宅医療の場面でもレントゲンの対応ができるようになりました。在宅では予約制となりますが、ご理解いただければと思います。

リニューアルオープン初日です

とはいえ、本日の診療時間はAM8時から10時までの、たったの2時間だけで、新システムも導入されスタッフへの説明で終わってしましました。

当院は、これまで在宅医療中心でやってきました。同じ場所で4年以上たちますが、外観が変わったのを見て「診療所ができたんだー」と言っていかれるかたもちらほら。

認知度を上げていくために、努力していきます。

リニューアルの目玉第1弾を紹介します。自動精算機導入です。病院ではほとんどのところが導入されていますが、クリニックではほとんど見かけません。ほかにも新規導入機材や院内の風景などを順次ご紹介していきます。

精算の時間でお待たせすることが少なくなることはもちろん、夏ごろには再来の受付もできるようになる予定です。お釣りの間違いなどがなくなることが最大のメリットと考えています。

明日はさっそく予約患者さんも入っているようです。訪問診療に加え、外来の体制も充実していけるよう検討していきます。