If the gut works, use it. 腸が使えるなら使え

If the gut works, use it. 腸が使えるなら使え

リンク
http://www.peg.or.jp/lecture/enteral_nutrition/06.html

静脈栄養は、様々な点で経腸栄養にかないません。
救急車で病院に運ばれると、経口摂取ができない状態で腸を使うべきと判断されると、「救命にベストを尽くす」場合、早期経腸栄養が開始されます。

医学医療的観点では、さっさと経鼻胃管いれて栄養を開始するのが正しい。

逆をいえば、救急車を頼むと、人生の最終段階であっても経鼻経管栄養が開始されてしまうことは往々にあります。
3Wから1か月ぐらい、経口摂取に戻れない状態が続けば、栄養を入れ続けることが必要と考えてしまうと胃瘻造設となります。

意図しない形で人生の最終段階に経腸栄養を開始されてしまうことが悲劇と考える方は、24時間対応の在宅療養支援診療所で定期診療を受け、緊急事態にも救急車を呼ぶべきかを相談する体制を敷くことをおすすめします。

院長

投稿者:院長

松永宏明 内科医 超音波専門医 1974年鹿児島県生まれ 1999年自治医科大学卒業